Lorita Basses NAMM2019 Camphor Burl Century II 5string 入荷致しました

2019.03.01 Friday

0

    NAMM2019出展モデルのロリータベースが入荷致しました。

    池部楽器店ベースコレクション様に出荷させて頂きますので、ベースコレクション様までお問い合わせをお願い致します。

     

     

     

    迫力のあるCamphor Burlをトップ材に使用し、各部にPadoukを使用する事で色合いの統一感があります。

     

     

     

     

    ソリッドボディーながらSwamp Ashを使用する事により3.8kgと軽量に仕上がっています。

     

     

     

     

    19mmピッチとやや広めですが、それを全く感じさせない演奏性の高さを持っています。

    Adamovicとは方向性が違いますが、同等だと思いました。

    スケールは34"です。

     

    Swamp Ashボディー、Ash / Mapleネックのイメージから硬質な音色を想像されるかも知れませんが、

    ソリッドでありながらアコースティック感もある音色を持っています。

     

    Padouk指板はかなりコンプレスされる印象を持っていましたが、このCentury IIはそうではなく、

    汎用性の高い音色だと思います。

     

    私感ですが、ソリッドボディーとホローボディーの音色の違いはアタックの出方に現れると思っていますが、

    ロリータもCenturyとCentury IIの違いもその辺りが大きい様に思います。

     

     

     

     

    ピエゾPUを搭載しておらず、ロリータオリジナルスプリットコイルPUが2基とGlockenklangプリアンプです。

    ピエゾPUが無い事により代わりにパッシブトーンを備えているのですが、可変範囲がかなり広くEQを積極的にいじらなくても

    これだけで音色を作れると思いました。