Adamovic otf 10th Anniversary Halo

2016.01.25 Monday

0


    otf10周年モデルのHaloのスペックが決まりましたので、今回も完成予想図を作成してみました。
    10周年モデルの全モデル共通の5弦フレッテッドで、ルミンレイでヘ音記号のインレイを指板に入れます。

    アニバーサリーモデルなので、ギラギラとした派手な杢目をトップ材に選ぼうと思ったのですが、
    Super Novaに続いて杢目というよりはカラーコンセプトになりました。

    一見すると過去に入荷したMoon Ebonyに見えるかも知れませんが、真っ黒なEbonyのサップ部分を使用しています。
    Moon EbonyとEbonyは種が違います。

    指板もトップ材に合わせたSap Ebonyで、当初はWengeでベニアを入れようと考えていましたが、
    Adamovicからの提案でEbonyのサウンドレイヤーに変更しました。




    この写真から半ば無理矢理に完成予想図を作成したので、黒と黄色の分量が変わる可能性がありますね。
    木取りによりセンターを黄色、サイドウイングを黒にも出来たのですが、
    センター黄色は一見するとスルーネックのようで、そう考えると割とよくあるルックスっぽくなりますので、
    あえてセンターに黒を持ってきました。

    指板、トップ材、サウンドレイヤーが全てEbonyという三重奏なので、軽量なLimbaをボディー材に選択しました。
    LimbaはKorinaとも呼ばれていますが、短いスケールで選択するとブライトでやや濁った様な音色の傾向になり、
    長いスケールで選択すると力強さが加わりますので、35"スケールを選択しました。

    ネックはAsh / Guariuba / Maple 5Pで、この組み合わせは最近人気で、ソロやコードワークに合う
    クリアーな音色を持っています。このネックコンビネーションもAdamovicからの提案です。

    なかなか見かけないルックスとマッチョな音色を持った楽器に仕上がりそうで楽しみです。

     
    コメント
    コメントする