Adamovic Private Stock Flamed Olive Jupiter 5string fretless 入荷致しました

2017.09.29 Friday

0

    池部楽器店プレミアムベース様からご注文頂いていましたAdamovicが入荷致しました。

    お問い合わせは、プレミアムベース様までお願い致します。

     

     

     

    ここまでの杢目のOliveは近年全く見かけなくなりました。

     

    このグレードのOliveを使用したのは私の知り限りでは、デモ機のSuper Novaと同じスペックのEclipse、

    このふたつと同時期に製作されたEclipseの3本、少し後に製作されたとある有名ベーシストの奥さん所有のHaloだけです。

     

    最初の3本が製作されたのが7年前、Haloが製作されたのも5年前ぐらいになると思いますが、

    それ以降様々なOliveトップのAdamovicが入荷致しましたが、この杢目を持つOliveはありませんでした。

    今後も恐らくこのOliveを在庫する事はないと思いますので、これが最後のチャンスかも知れません。

    今回のOliveは、製作者のNikola Adamovicが自分の為に残してあったプライベートストックを提供して頂きました。

     

     

     

    このJupiterは、AdamovicのコンセプトモデルThe HollowとThe Darkを合わせたハイブリッドの様な スペックになっています。

    指板材のEbonyは両者の共通スペックで、WalnutボディーはThe DarkですがホローボディーはThe Hollowから、

    ネックのMaple / Mahogany 5PもThe Hollowからですが、ヒップショットブリッジはThe Darkのスペックです。

     

    The Darkのフレットレスはソリッドな音色を持ち、The Hollowの音色はアコースティックな音色ですが、

    今回のJupiterはそれらの中間的な音色で非常に魅力的な音色を持っています。

    低音がふわっと膨らむのですが膨らみ過ぎずソリッドさもあります。

     

    重量は3.7kgは一般的なエレクトリックベースと比べるとかなり軽量ですが、

    Adamovicのホローボディーはスペックにより3kg台前半の事もあり、The Darkは4kg台前半ですので、

    重量も両者の中間に仕上がりました。

     

    フレットレスでホローボディーとヒップショットブリッジの組み合わせは、

    過去にサウンドホール無しのHaloに続き今回が2本目ですが、

    どちらもかなり印象が良かったので、今後もオーダーしていきたいスペックだと思いました。

     

     

     

    デモ機のSuper Novaとの色の比較です。

    7年前に完成した際はJupiterと同じ色のOliveでしたが、経年で飴色になり風格が出てきました。

    経年変化を楽しめるのもAdamovicの魅力にひとつで、今回のJupiterも変化していく事でしょう。

     

     

     

    スケールは34"スケール、弦間18.5mmピッチです。

    ブリッジがヒップショットAタイプなので、若干の弦間変更が可能です。

     

    プリアンプはナチュラルな音色が魅力のNollです。

     

     

     

    カウントダウンを始めますが、今回のJupiterが国内入荷93本目のAdamovicです。

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする