Adamovic 2本のHalo 6string

2017.12.06 Wednesday

0

    池部楽器店ベースコレクション様からオーダー頂きましたAdamovicをご紹介させて頂きます。

    お問い合わせは、ベースコレクション様までお願い致します。

     

    今回のコンセプトは6弦フレッテッドのHaloでトップ材のみベースコレクション様が指定、

    それ以外のスペックは完全にAdamovicにお任せで好きなスペックを考えて欲しいと依頼しました。

     

     

     

    1本目はプレミアムグレードのOliveをトップ材に使用します。

    当初はホローボディーを考えていましたが、このOliveの強度がホローボディーのトップ材として使用出来るか微妙、

    製作中に研磨に耐えられれば使えるけどクラックが入るかも知れないとの事でしたので、ソリッドに変更しました。

     

    Adamovicが自分の為に製作した楽器や在庫品の多くは35"スケールなので、恐らく35"スケールが一番好きなのだと思いますが、

    このHaloにも35"を推してきました。

     

    最近のAdamovicの好みとしてSwamp AshボディーにZiricote指板の組み合わせを気に入っているようで、

    それに合わすならAsh / Guriuba / Maple 5Pネックとの事です。

     

    プリアンプは特に指定はなかったので、スペック決定後にEastを選択しました。

     

     

     

    2本目のHaloは、1本目では断念したホローボディーです。

    こちらはエキビジョングレードのWalnutをトップ材に選択しています。

     

    WalnutトップとWalnutボディーの組み合わせを最近気に入っているようです。

    間にアクセントとしてMapleベニアを挟んでいます。

     

    指板はEbonyで、このボディー材と指板の組み合わせはコンセプトモデルのThe Darkと同じですね。

    以前、The DarkとThe Darkのネック違いが同時に入荷して比較した事がありましたが、

    驚くほど音色が違った記憶があります。

    今回はMaple / wenge 5Pネックなので、The Darkよりも明るめの音色になると思います。

     

    指板上にはMapleのドットを入れますが、木製ドットのオプションを追加したのは今回が初めてだったと思います。

    アバロンよりもやや大きめのドットです。

     

    木製ブリッジのオプションを追加していますがフレッテッドですので、弦高オクターブ調整可能なタイプです。

    このHaloには34"スケールを勧めてきましたが、木製ブリッジは裏通しになり弦を長く張る事になりますので、

    35"の裏通しは弦の選択肢が減るので34"という配慮でしょう。

     

    ちなみにOliveはワイド18mm、Walnutはナロー17mmピッチです。

     

    2本共キャラクターが全く違うので、完成が楽しみです。

     

     

    コメント
    コメントする