Lorita Basses Olive Century

2018.07.19 Thursday

0

     

    日本初入荷のロリータベースは3本あるのですが、そのうちの2本目です。

    美しいOliveの杢目を貼り合わせる方向にまでこだって指定頂いてオーダーしました。

     

    Centuryは、ホローボディーを基本として設計されたのですが、後にソリッドボディーのCentury IIが発表されました。

    こちらはサウンドホールがないのでCentury IIなのかと思われるかも知れませんが、ホローボディーのサウンドホール無しです。

     

    今回の3本で唯一アクティブサーキットを搭載しており、Glockenklangの3バンドプリアンプを搭載しています。

    サウンドホールが大きめにとられているので、ポットやサーキットのレイアウトの問題でCenturyはパッシブのみですが、

    今回の様にサウンドホール無しを選択する事によりホローボディーとの両立が可能です。

     

     

     

    やはり造形の美しさが際立つボディーシェイプです。

    Redwoodトップと違い、こちらはSpanish royal cedarボディーです。こちらは若干軽く重量3.5kgです。

     

     

     

    ボリュートが特徴的で、ここにも造形の美しさを感じます。

    一番最初に楽器を構えた際、見慣れないサイズのボリュートに違和感を感じましたが、

    左手のフィンガリングには、もちらん邪魔にはなりません。

     

    あまりやる人はいないと思いますが、1フレットを握りネックで弾いた際に左手親指がちょうどボリュートの凹みにはまるので、

    意外と心地よかったです(笑)

     

     

     

    Pau Ferroのブロックインレイは、視認性の向上とデザインのアクセントになっています。

     

    近々、サウンドサンプルをアップ予定ですので、こちらに関しても音色に関するコメントは未掲載とさせて頂きます。

     

    コメント
    コメントする