Lorita Basses 2本のCenturyと2本のCentury II

2019.03.01 Friday

0

    池部楽器店ベースハウスイケベ池袋様からオーダーを頂きましたロリータベースをご紹介させて頂きます。

     

    4本共に5弦フレッテッドで、PUとプリアンプは、ロリータオリジナルのスプリットコイルPUを2基と

    暖かい音色のGraph techピエゾ、Glockenklangプリアンプです。

     

     

     

    Buckeye Burlをトップ材にしたホローボディーのCenturyですが、サウンドホール無しの仕様です。

    Buckeye Burlは脆い材なので、サウンドホール無しでオーダーを入れるのは良い方法だと思います。

     

    木部は、Walnutホローボディー、Mapleネック、Ebony指板です。

     

     

     

     

    2本目もホローボディーのCenturyで、Spalted Quilted Mapleトップ、American Red Alderボディー、

    Mapleネック、Ebony指板です。こちらもサウンドホール無しの仕様です。

     

     

     

     

    3本目はソリッボディーのCentury IIで、Maple Burlトップ、European Alderボディー、Ashネック、

    Roasted Bird'seye Maple指板の組み合わせです。

     

     

     

     

    4本目もソリッドボディーのCentury IIですが、Quilt MapleをFaded Trans Blue high gloss finishで仕上げるので、

    木材の色を生かした作例が多いCentury II(Centuryも同様)の中で、目立った存在となるのではないでしょうか。

     

    木部は、European Alderボディー、Ashネック、Roasted Bird'seye Maple指板です。

     

     

     

    コメント
    コメントする