Inner Bamboo SUMO STOMP SUMO COMP / SUMO PRE デモ機をお借りしました

2019.05.25 Saturday

0

    発売前からSNSで早くも話題沸騰中のInner Bamboo SUMO STOMP SUMO COMP / SUMO PREのデモ機をお借りしました。

     

     

     

    サイズに関する情報は事前に知っていましたが、箱から出して実際にこのコンパクトさを目の当たりにして関心しました。

     

    同社のDual Bass Pre、U-II、B-IIはコンパクトとは言いがたいサイズでしたが、裏蓋を開けて中身を確認すると

    ビッチリと詰まっておりこのサイズが必要である事を示していましたが、

    遜色の無い性能でここまでダウンサイジングさせた事は単純に素晴らしいと思いました。

    このサイズなら、エフェクターボードの隙間に配置したり、小さめのボードにも入れやすいのではないでしょうか。

     

    しかも、5Vモバイルバッテリーでの駆動可能です。

     

     

     

    U-II、B-IIは、繋いだだけでもっちりとした質感が加わりましたが、

    SUMO COMP / SUMO PREはそういうニュアンスではありませんでした。

     

    「追記」当ブログを受けて更なる改良を加えた製品版になるそうです。これは楽しみ。

     

    Dual Bass Preは、良い意味で音色の味付けが少なく扱い易いプリですが、SUMO PREはよりドライブ感があり押し出しが強く、

    ふくらみが少ない分、直線的な音色に感じました。

    B-IIともまた違った魅力なので、こちらの方が好みだと感じる方もおられるのではないでしょうか。

    優劣というよりも好みの範疇かなと思いました。

     

    SUMO PREのベースコントロールは、ちゃんとベースに効いているのが良いです。

    他社製品の中には、ベースをブーストしていくとブーミーに感じる物もありますので。

     

    ミドルはフリケンシー変更が出来て、幅広いサウンドメイキングが可能なのはInner Bamboo製品共通のポイントです。

     

    トレブルはブーストしても耳が痛くならず、ノイズレスなのが良いですね。

     

     

     

    SUMO COMPは、このサイズながらサイドチェインまで備えているフルコントロールコンプです。

    4/5と書かれたスイッチがサイドチェインで、Low-B線のかかり具合を調整可能です。

     

    設定により深くコンプをかける事も可能ですが、どの設定でも自然な音色に感じました。

    浅くかけて常時使用も良さそうですね。

     

    SNSで高出力の楽器を繋いだ際に歪まないか心配されている方がおられました。

    Adamovicは、ハムバッキングPUでシリーズ配線で使用したので、一般的なパッシブJBより高出力の楽器だと思いますが、

    更にEQをブーストして使用してみましたが、試した範囲では歪む事もなかったです。

     

     

     

     

    SNSで賛否両論のこのロゴマーク、実物はアルマイトの質感と相まってとても格好良いですよ。

    個人的にはこのシンプルさが好印象です。

     

     

    初回入荷分は早くもSUMO COMPが残り1台となりました。ご購入希望の方はover the fieldまでお問い合わせ下さい。

    発売日は6月20日、価格は35,800円+税です。

     

     

     

    コメント
    コメントする