Adamovic otf 10th anniversary models 説明

2017.11.14 Tuesday

0

    スペックはこちらです。

     

    10周年モデルに共通する事は5弦フレッテッドで、指板上に蓄光材でヘ音記号のインレイを入れます。

    併せてサイドドットにも蓄光材を使用しますので、ポジションの視認性とルックスのアクセントになるヘ音記号が光ります。

     

    説明が前後になってしまいますが、他のモデルはAdamovicらしい貴重な材をトップ材に使用していますが、

    変わった木材を中心に選んだので、Eclipseは分かりやすく格好良いルックスにしたくて

    ExhibitionグレードのQuilted Mapleを選びました。

     

    海外からのオーダーではいくつか作例がありますが、日本からはEclipseのホローボディーをオーダーした事がなかったので、

    今回ホローボディーを選択しました。Mahoganyボディーです。

     

    アコースティック感を更に強める為に木製ブリッジを選びましたが、

    フレッテッドですので弦高、オクターブ調整が可能なタイプを選択しています。

     

    更にEbony指板、Maple / Mahogany 5Pネックと続くと気づかれる方もおられると思いますが、

    コンセプトモデルのThe Hollowをお手本にしました。

    The HollowはJupiterを元にしたコンセプトモデルですが、今回はEclipseでオーダーする事がポイントです。

     

    ちなみにEclipseのカスタムオーダーは年内で終了となり、来年からはコンセプトモデルのみでの製作になりますので、

    この10周年モデルが最後のEclipseカスタムオーダーになるかも知れません。

     

     

    Haloは特徴的な2色のEbonyをトップ材、指板材に使用する事にしました。

    加えてサウンドレイヤーもノブもPUカバーもEbonyでEbonyづくしです。

     

    Adamovicが在庫品を製作する際に好んで使用するLimbaをボディー材に選択しました。

    過去にLimbaボディーが数本入荷していますが、どれも好印象でした。

    Limbaは長いスケールの方が合う材なので、34.5"スケールを選択しました。

     

     

    Jupiterは今回の中で唯一のHi-C仕様です。

    過去に入荷したSwiss pearボディーが好印象でしたが、在庫がなくなるという事で最後の1枚を確保しました。

     

    トップ材はフレームの入った美しいユーカリです。

    最近、Adamovicはオーストラリアからの仕入れルートを開拓したようで、これもその中のひとつです。

     

    小柄なボディーのJupiterを更にかわいらしくしたかったので、Bloodwood指板、PUカバー、木製ブリッジを選択しました。

    Bloodwoodは退色しやすい赤系の中では比較的色を保持出来る木材で、指板に使用すると高音が美しいので、

    今回の33"スケール、Hi-C仕様に合うと思い音色の面でも考慮しました。

     

     

    Saturnは特徴的なBlack Limbaの色合いと杢目を見た瞬間にこれにしようと決めました。

    またもやLimbaボディーですが、Limbaづくしにしました。Haloは34.5"スケールでしたので、

    こちらは35"スケールを選択しました。

     

    差し色として紫が入ったベースをオーダーしたかったので、Purpleheart指板、

    サウンドレイヤー、PUカバー、ノブを選択しました。

    更に豪華さを増す為に指板にMapleのバインディングを入れます。

     

     

    Super Novaのコンセプトは白いベースです。

    ですが塗装しては面白くないので、Adamovicらしく木材の色合いで白い材を集めました。

    Adamovicが使用する接着剤が特殊な物で、白い色同士を接着すると跡が残るので間に黒い材を挟む事が必要になりますので、

    今回も所々にWengeのベニアを追加しています。

     

    Adamovicは通常ブラックパーツを使用しますが、コンセプトも合わせて全てクロムパーツを使用して頂きます。

    Hollywoodは経年で黄色に変色し、指板材のMapleと近い色合いに近づいていくのも楽しめます。

     

    ボディー材のYellow Poplar、Maple / Wenge5Pは定番の組み合わせで力強い音色が魅力ですが、

    色も白っぽいので今回のコンセプトにも合います。