Lorita Basses Century, Century IIをオーダーする際のスペックに関しまして

2018.08.01 Wednesday

0

    「モデルに関して」

     

    ロリータベースには、ホローボディーとセットネック、ピエゾを基本とするCenturyと

    ソリッドボディーとボルトオン、ピエゾを基本とするCentury IIがあります。

     

     

    「Century」

     

     

     

     

    「Century II」

     

     

    上記スペックを基本として、Century IIをセットネックでオーダーしたり、

    ピエゾが不要な場合はどちらのモデルもピエゾ無しでオーダーする事も可能です。

     

     

     

    こちらはソリッドボディーのCentury IIの様に見えますが、サウンドホール無しのホローボディー構造のCenturyです。

     

     

    「ピエゾに関して」

     

    選択出来るピエゾは2種類あり、Graph techがアップライトベースの様な暖かい音色に対して、

    RMCはブラスを使用しているので、より高音が出て金属的な音色を持っています。

     

     

    「パッシブサーキットとピエゾに関して」

     

    ピエゾのブースターとブレンダーにバッテリーが必要で、9Vの電池を使用しています。

    パッシブをオーダー頂いてもピエゾありの場合は、ブレンダーを通る配線となっていますので、

    電池を抜くとマグネットPUの方も音が出なくなります。

     

    楽器を使用していない際は、プリアンプを搭載した一般的なアクティブサーキットの楽器と同じ様に

    シールドケーブルをジャックから抜いて下さい。

     

     

    「プリアンプとホローボディー」

     

    ロリータベースで選択可能なプリアンプはAguilarとGlockenklangです。

    プリアンプを設置するキャビティーの都合上、サウンドホール無しのCenturyかソリッドボディーのCentury IIに搭載可能です。

     

     

    「ネックコンビネーション」

     

    選択出来るネックコンビネーションは3種類です。

     

    1、3P Maple / Wenge runners の5Pネック

     

    2、3P Ash / Wenge runners の5Pネック

     

    3、2P Ash / 1P Maple / Wenge runners の5Pネック 

     

     

    「指板材」

     

    選択出来る指板材は下記8種類です。

     

    1、Ebony

    2、Macassar ebony

    3、Bird's eye maple

    4、Roasted bird's eye maple

    5、Ziricote

    6、Bocote

    7、Purpleheart

    8、Pauferro

     

     

    「ボディー材」

     

    選択出来るボディー材は下記8種類です。

     

    1、American walnut

    2、European elm

    3、Mahogany

    4、European alder

    5、American red alder

    6、Swamp ash

    7、Korina(Plane、Figured )

    8、Spanish royal cedar

     

     

    「European alderとAmerican red alderの違いに関して」

     

    American red alderの方がよりミッドレンジが出て、日本で一般的にアルダーボディーと言われるのはこちらです。

    European alderは、American red alderより柔らかな材で、暖かい音色を持っています。

     

     

    「製作可能な弦数」

     

    4〜9弦ベースの製作が可能です。

    Century以外のモデルに関してですが、4〜7弦まではヒップショットかオリジナル木製ブリッジかを選択する事が可能ですが

    (Centuryは木製ブリッジになります)、8、9弦は木製ブリッジのみ製作が可能です。

     

    4〜6弦まではオリジナルスプリットコイルPUですが、PUを製作する機械の都合で7〜9弦用は製作出来ないので

    ノードストランドPUになります。

     

    7〜9弦は、ペグを収める関係でヘッドシェイプが通常とは異なり、ボディーシェイプもよりバランスを良くする為、

    若干変更になります。

     

     

    「レフトハンドモデルの製作」

     

    製作可能です。アップチャージ無しでオーダー出来ます。

     

     

    「納期に関して」

     

    日本初入荷の3本は、オーダーを入れてから2年3ヶ月という長い期間かかりました。

    これはロリータ側もスケジュール管理を間違えたと認めています。

     

    これまで通り完全に手作業で製作する事に変わりはありませんが、

    PUカバー、インレイ、ロゴ等を製作する為に小型のCNCを導入したので、納期が短縮出来るという回答を貰いました。

     

    納期はバックオーダーの状況により変動しますので、その都度、納期をお知らせして行きます。

    現在は約1年半の納期となっています。