Lorita Basses New Modelのオーダーが入りました

2019.12.13 Friday

0

    先日ロリータベースがSNSで新しいモデルを発表したのですが、

    それを気に入って下さったお客様に早速お問い合わせを頂きオーダーを頂きました。

     

    まだモデル名も決まっていないほど出来たてのモデルですが、モデル名を増やしたくないとの事で

    CenturyIIIかな〜とロリータから返信があったのですが、

    今後変わる可能性があるので一応(仮称)CenturyIIIという事で(笑)

     

     

     

    フレットレス専用モデルで、一番の特徴はボディーエンドにまで伸びた指板です。

     

    基本的なスペックのホローボディー、2マグネットPU、ピエゾPU、木製ブリッジはCenturyと同じで

    指板が伸びてフロントPU位置がリア寄りに配置されたので、CenturyIIIという名称がふさわしいように思います。

     

    Centuryと違う点として指板材はPau ferroかMacassar ebonyのどちらかになります。

    これは長い木材を安定して仕入れられるのがこの2種類だからという理由のようです。

     

    今回は美しいフレームが入ったWalnutをトップ材に選択して頂きました。

    完成予想図を作成している段階で仕上がりの格好良さを想像してわくわくしました。

     

    Walnutトップ、Ash / Maple / Ash 3Pネックを決めて頂いた後でボディー材をKorinaかMahoganyで迷っておられましたが、

    その組み合わせですとKorinaがお勧めとロリータからアドバイスを貰ったのでKorinaボディーに決まりました。

     

    Graph techピエゾが標準ですが、ブラックナイロン弦を使用されたいという事で

    相性を考えてRMCを選択されました。

     

    ロリータはまだ入荷本数が少なく日本ではこれから展開していくメーカーですが、

    製作出来る自由度は比較的広く可能であれば気軽に対応してくれます。

    返信の速さと誠実さにも好感が持てます。

     

    気になる方は是非over the fieldまでお問い合わせ下さい。