Lorita Basses New Model 「Deep Century」が発表されました

2019.02.23 Saturday

0

     

    数年前からすでにLoritaのホームページに掲載されていた新しいモデルの構想がとうとう発表となりました。

    シングルカッタウェイとホローボディーのCenturyをベースにボディー厚を大きくしたモデルです。

    このモデルの興味深いポイントのひとつとして、ホローボディーですがボルトオンジョイントが採用されており、

    CenturyとCentury IIのハイブリッドの様なスペックでしょうか。

     

    ボディーは8cmとかなりの厚みを確保しています。

    イメージとしては某メーカーのプレゼンテーションのようですが、もっとロリータらしさを盛り込む事を考えました。

     

    ロリータオリジナルのハンバッカータイプのマグネットPUに加えて、アンダーサドルタイプのRMCピエゾと

    トップ材の裏に設置するK&kピエゾの両方を使う事によって、より自然なバランスの良いピエゾサウンドを得る仕組みになっています。

     

    従来のCenturyは、ピエゾメインで使うというよりはマグネットPUをメインにして、

    それにピエゾを追加するというイメージでしたので、今回のコンセプトは全く新しい考え方だと思いました。

     

    従来のモノラルアウトに加えて、ステレオアウトもオプションとして選択出来るように考えているらしく、

    ピエゾとマグネットをそれぞれのアンプで鳴らせる様に出来るとの事です。

    これはロリータのエンドーサーのRotさんがすでにやっているシステムなんだそうです。

     

    例えばハウリングが起きた場合、ピエゾ側のアンプのEQを調整して抑えたり、高音のカリっとした部分を補正して

    マグネットとバランスを整えるという事も可能になりますね。

     

    予定では、今年の秋にプロトタイプを完成させるそうなので、そちらが完成後に写真をアップ出来ると思いますのでお楽しみに。

    プロトタイプは、Western red cedarトップ、Walnutホローボディー、Ebony指板を予定しているそうです。

    可能であれば、それの確保を検討したいところです。