Adamovic Holly wood Super Nova 6string

2014.06.20 Friday

0
    このSuper Novaも以前のブログからの再掲載となります。





    今年に入りHolly woodが使用出来るようになりました。
    某有名メーカーと同じ木材問屋から仕入れている同グレードとの事です。
    そのHolly woodとEbonyを至るところに使用し、White x Blackをテーマにした1本です。





    色をテーマにしたSuper Novaは、以前にもBlack x Redを製作しましたので第二弾といったところでしょうか。

    今年に入り選択出来る様になったオプションとして木製ブロックインレイがありますが、
    このSuper NovaにはHolly woodのブロックインレイが入ります。

    AdamovicでSound layerと呼んでいる、トップ材とボディー材の間に挟む太めのベニアがあります。
    このベニアは基本的に使用出来る木材が決まっており、黒っぽいラインが欲しい場合は
    EbonyではなくWengeを使用する事になっています。

    これはコストと供給量の問題で、遠目から見た場合にWengeとEbonyとでは、
    価格差ほどの違いが無いからという事で、Sound layerにEbonyを使用する事はありませんが、
    この楽器の構想を製作者のNikola Adamovicに伝えたところ、
    製作者自らこれはEbony sound layerでいくしかないだろうという事で例外的に決定しました。

    ボディー材のTulipwoodとオイルフィニッシュ以外のスペックは全てアップチャージの対象となり、
    特にHolly woodトップ、Ebony指板、Holly woodインレイ、Ebony sound layerという
    高額オプションを盛り込んでいるので、過去に入荷したAdamovicの中で断トツで高額な楽器となりました。