Guitar Shop Barchie's様 Richter Strapsのお取り扱い開始

2014.07.28 Monday

0
    最近、特にベーシストの間でホットな話題として頻繁に名前が挙がるのが、
    先日7月18日にオープンされたGuitar Shop Barchie's様です。
    なかなか他のお店では見かけない、国内外の面白い楽器を取り揃えておられます。

    http://www.barchies.jp

    この度、Guitar Shop Barchie's様にて、Richter Strapsのお取り扱いを開始して頂きました。
    お店にお越しの際は、是非手に取ってRichter Strapsの品質をチェックして下さいね。

    Guitar Shop Barchie's様は、某大手楽器店にてベース専門店の立ち上げから退職されるまで長年専任されていた千葉さんと、
    リペア担当の齋藤さんのおふたりで始められたお店で、おふたり共以前からお世話になっています。

    私が21、22才の頃でしょうか、ベースマガジンに上記のベース専門店が出来ましたという広告が掲載されており、
    京都から初めて東京に遊びに行く用事があったのでお邪魔しました。

    当時は、お茶の水駅前の仮設店舗の様な感じでお店があり恐る恐る入ってみると、
    これまたベースマガジンに掲載されていたmoonのClimb6弦が置いてありました。
    当時の私は、moonのMBC6を愛用しており、moonがお店にあれば試奏したりmoonの歴史を調べたり、
    moonユーザーズオフ会に参加するほどmoonが大好きでした(笑)

    それまでmoonの6弦といえば、何度か仕様変更があったMBC6しかなかったのですが、
    ベースマガジンに掲載された時に初めてClimbに6弦が登場したのです。
    それまでのカタログにClimbは、4弦と5弦しか掲載されていませんでした。

    長くなりそうなのでmoonの話はこの辺りで割愛させて頂きますが、
    そのClimb6がどうしても弾きたくて、試奏をお願いした店員さんが千葉さんでした。
    非常に丁寧な接客が印象に残り、お店を後にしました。

    それから年月が経ち私が28才の頃に東京に引っ越したのですが、
    東京に来たからにはやはりそのベース専門店にもう一度行きたいという事でお茶の水に行きました。
    その時はすでにお店の場所が移転し、お茶の水駅から少し離れたビルの中に入っていました。

    当時私は、ウッドベースをメインの楽器としてジャズを演奏していたのですが、
    ウッドベースは京都に残して某メーカーのエレクトリックアップライトベースを使用していました。
    ですが、ウッドベースとはあまりにも違う楽器だったので、もっと近い楽器を探していました。

    そんな思いでベース専門店を訪れた時に見かけたALTER EGOを試したくなり店員さんに声をかけたのですが、
    昔接客してくれた店員さん(千葉さん)だとすぐに気づきました。

    ALTER EGOを始めとして展示してある全てのエレクトリックアップライトベースを弾かせて頂き、
    ついでにSmithのブラックタイガー6弦フレットレスを弾かせて頂くとこれも素晴らしい。

    千葉さんが「ALTER EGOとSmithセットで98万円で良いですよ。」と仰ったのですが、
    かなり値引きして頂いているのは理解出来たのですが、当時の私は財布に3,000円も入ってたらラッキー
    ぐらいの生活を送っていたので、「東京は怖いところだ・・・。」と思いながらお店を後にしました(笑)

    その後、渋谷駅ガード下にお店がオープンしたと聞いたのでお邪魔してみるとまたもや千葉さん。
    それまでちゃんとした面識がなかったのですが、共通の友人を通じて紹介して頂き、
    ヒマさえあればお店にお邪魔していました。

    over the fieldを始めるに辺りお世話になった人がふたりおられるのですが、
    ひとり目はSleek Eliteの広瀬さん、もうひとりは千葉さんです。

    広瀬さんは私に開業のきっかけを下さり、分からない事があるとすぐにアドバイスを求めたのですが、
    あの方は宇宙人か一休さんの生まれ変わりなので、返って来る答えが非常に難解です。
    これはご自身が仰っていましたが、すぐに答えを提示するのではなく私が自分で考える余地を残しているとの事です。

    恐らく、広瀬さんのお考えの半分も私は理解出来ずに、今日まで来ているのではないかと思います・・・。
    一体どうやって、びょうぶから虎を追い出せばいいのかと・・・。

    千葉さんはもっとストレートで、それはどうなの?とかダメだ!!と明確に返答して下さいます。
    (褒められた記憶はまだ無い)
    over the fieldの取り扱い商品を、初めてお店で販売して下さったのも千葉さんのお店でした。

    齋藤さんは、前の職場の頃からRichter Strapsの販売を行って頂いており、
    ご自身も複数のRichter Strapsをお使い頂いているので精通しておられます。
    本職のリペアの事はもちろん、Richter Strapsの事で分からない事があれば齋藤さんにお尋ね下さいね。




    右から千葉さん、Nikola Adamovic、私(2010年)