Adamovic South American Laurel Super Nova 入荷しました

2014.06.13 Friday

0



    今回初入荷となる、South American Laureをトップ材に使用したSuper Novaが入荷しました。

    この楽器を製作するにあたって頂いたコンセプトは、ブラジル音楽で低音パートを担当する
    スルドの様なパンチのある低音との事でしたが、狙い通りパワフルな低音を持った楽器に仕上がりました。
    パッシブの34"スケールで、ここまで強力にLow-B線が鳴る楽器は、そんなに多くないのではないかと思います。

    ブライトな音色ではないのでソロ向きというよりは、
    コンセプトの通りバッキングで力を発揮する様に思いますが、
    ミニスイッチをパラレルにすると明るさも出てきます。

    アクティブの楽器以上に、ミニスイッチの有用性を感じて頂けるのではないでしょうか。



    ボディー材のTulipwoodは2色の物が使われており、センターで貼り合わせる事により特徴的な模様になっています。

    Adamovicでは人気のある材で、過去に数本入荷した時には、
    クリアーでバランスの良い音色という印象を持っていましたが、
    パッシブの楽器では音色がより低音側にシフトし力強さが増す様に感じました。

    ソリッドボディーで3.5kgという軽さは圧倒的で、3kg台後半を下回ると軽さをより体感しますね。

    パッシブのAdamovicが入荷する度に同じ事を書いている気がしますが、
    どれもプリアンプの必要性を感じさせない楽器でした。

    アクティブは手元で音色を調整出来るので、利便性においてはパッシブと比べるまでも無いですが、
    パッシブの説得力ある音色を聴くと、プリアンプはこの楽器には不要だと毎回感じます。



    ヘッドにもSouth American Laureを貼り合わせたマッチングヘッドです。

    最近はHalo人気に押され気味のSuper Novaですが、バランス良くプレイアビリティーの高い
    良いモデルだと再確認しました。(^^