Beaver's Tail Jaroとミンクオイル

2014.07.21 Monday

0


    Richter Strapsのラインナップの中で、新品時の硬さが1、2を争うほどのBeaver's Tail Jaro
    もう少し扱い易くする方法を考えてみました。

    これはRichter Strapsだけに限らず、厚みのあるレザーを使用した革ジャンやブーツ、グローブ等でもそうですが、
    新品時は硬く扱いにくいのですが、手を掛けてあげる事により少しずつ柔らかくなっていき、
    色合いも変わってきて自分色に染めていくアイテムであると考えています。

    Richter Strapsのラインナップの中にも新品時から柔らかいモデルもありますが、
    そういったモデルは使用していく中での経年変化が少ないように思います。
    Beaver's Tail Jaroは、そういったモデルとは性格が全く違いますね。

    レザーの表面に塗装が施してあるわけではないので、何かに当たれば簡単にレザー自体が削れ色が剥げます。
    それをオイルやワックスでメンテナンスしてあげて、剥げた部分の色を濃くしていきます。
    ストラップが乾燥してきたと感じた際もメンテナンスしてあげます。
    そうする事により少しずつ馴染んでいくモデルなのです。

    とは言いましては、新品時の硬さが少しでも早く馴染んだ方が扱い易いのも事実だと思います。

    Richter Strapsを扱い始めた当初から、私物のRichter Strapsをラナパーでメンテナンスしてきました。
    これは、伸びが良くベタつきも少なく色ムラになりにくいので扱い易いのですが、
    使用してきた感じでは、レザーを積極的に柔らかくする効果はそれほど無い様に思いました。

    レザーメンテンスとしてミンクオイルも有名ですが、液体タイプは塗り過ぎたり色ムラになり易く
    なかなか扱いにくいので、今回は固形タイプのミンクオイルを使用してみました。

    最初にレザー用ブラシで表面を払い、布にミンクオイルをとり薄く塗り広げ、もう一度ブラッシングした後、
    柔らかい布でから拭きしてみました。
    ただ塗るだけではなく、両手でストラップを優しく揉んで馴染ませてみました。

    流石に今回だけでぐにゃぐにゃになったとは言いませんが、
    両面塗ったバックエンドストラップ(ストラップの細い部分)は、かなり柔らかくなりました。

    ストラップ本体もまだ新品時の硬さは残っているものの、
    塗っていない在庫と比較すると圧倒的に扱い易くなりました。
    オイルレザーのしっとりした感じも増しました。

    ミンクオイルは塗り過ぎるとレザーが柔らかくなり過ぎたり、
    その成分によりレザーの表面が白くなる事もありますが、
    今回の様に薄く塗り広げ、から拭きする事によりそれらを防げます。

    今回の実験で一定の効果を感じる事が出来ましたので、
    今後Beaver's Tail Jaroは、ミンクオイルを塗ってから出荷させて頂こうと思います。